--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!」感想

2012年08月06日 21:12

仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!/
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!


を、観てきました。


追記より、
特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!
の感想をかる~く書かせていただきます

特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!

あらすじ

長らく休止状態にあった初期型バスターマシン・FS-00フロッグの試験運用をするゴーバスターズの3人。
そんな中、ヴァグラスのエンターは新たなるメタロイド・スチームロイドを生み出す。
急行し、迎え撃つ3人だったがスチームロイドの出す謎の蒸気によって、
なんとバディロイドたちのボディが錆びてしまった。
このままではバスターマシンを発進させることが出来ない。
エンターの目的は"東京エネタワー"にエネトロンを蓄積させ亜空間転送エネルギーをタワーから放出、
街ごと亜空間へと転送する作戦だった。
バスターマシンが使えない以上、タワーに装着されている転送装置を外すことは出来ない。
この状況のなか、ゴーバスターズは街を守るべくかつてない難易度の"特命"に挑む。




感想
ゴーバスターズ初の単独映画、30分がっつり見応えありました。
まず話の展開として優勢→苦戦→優勢→苦戦・・・といった展開が何度もあります。
30分の中でそれだけの展開を詰め込んで全く話の形が崩れないってのがすごいなぁと・・・
次にアクションのかっこ良さです。
殺陣はもちろんのこと、
スーツアクターさんによる「あなた達本当に人間ですか」なアクションに注目。
映画を盛り上げるために彼らもかなりの意気込みで臨んだに違いありません、
序盤中盤終盤とある戦闘シーンですがどれも本当にカッコいいです、
TV版だと途中殆どの確率でメガゾードのほうへ向かってしまうレッドバスターも、
最後までしっかりメタロイドと戦っています。

最後にロボ戦のかっこ良さ。
オープンセットで繰り広げられる迫力満点の戦闘シーンは大きなスクリーンに映えますね。
メガゾードが一挙に4体も現れるシーンは大きな画面で観てこその迫力。
映画限定の特命合体・ゴーバスターケロオーが登場します、
もちろんしっかり活躍しますよ、「そうきたか!」と言ってしまうような活躍を見逃さないで下さい。

久しぶりにスーパー戦隊の映画で鳥肌を立てたような気がします。

劇場音響で聞く「イッツモーフィンターイム!」は必聴だぞ!




にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ ゲームプレイ動画へ
にほんブログ村
にほんブログ村 高校生日記ブログへ
にほんブログ村
↑クリック支援してくださるとうれしいです。





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://mizui58.blog19.fc2.com/tb.php/923-c78e141b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。